正直休みがちだったシネマ熱が凄い。とりあえず行く暇がないのでとなりの人に熱をぶつけることで昇華。これ結構な悪循環じゃないか?
ある日ある時ある人に、暇がないとは言い訳です、とサックリ返された言葉が身に染みる。

本はミステリーしか頭に入らない。快楽しか求めてない。これも危険!
ちょっとイケナイ嗜好を共有できる同僚ができて、オープンザマインド。暗部を明かすってこういう事を言うんか。ちょっと柔らかめに借りた本。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

Screaming Fatratが好きだと今さら思った2013年。
後から来るこれは中毒性が高い。
思い出はディスクユニオン新宿店、パンク館とともに。

youmay2012-07-14

え、最近行ったライブですか?


でんぱ組.incとAKBN 0ですね。

知人たちには“無類の可愛い女の子好き”として知られるアイドル好きの僕ですが。現在は上記の二組がすきです。

ちなみにAKBN 0の11thライブのレポート記事を書きました。アイドルなパパラッキョなサイトを見ていただければと思います。隠し味は愛情です。愛情はいっぱいです。

あと普通?のライブは去年?今年?は、ソニックマニアとか(プライマルスクリームとかジャマイカとかアンダーワールド)、朝霧JAM(DJシャドウとかギャラクシー500とかカムバックマイドーターズとか)とか、小室哲哉GET WILD'89!)とか、コケティッシュ&チャニワ&矢田さんの新バンド?とか、リディムサウンターとか、バックドロップボムとか、マウスオンザキーズとか。観ました。


サッカーは生観戦はちょい減ったかな、という感じ。悲しい。ナビスコ観て、その後スタジアムで知り合ったサッカー仲間の結婚式二次会に同じサッカー仲間で行きました。めでたい。もう知り合って何年も経つんだね〜(初めて会った当時の日記はココ)感慨深い。いつもdisり合ってるけど、こういう出会いってのも面白くって良いな。と思ってます。今季は日産と日立台のアウェーへ行ったのだ。日立台はやっぱり素晴らしいなあ。試合は素晴らしくないけど。


しかしサッカーといえば、やはりバルサつーかセスクが一番記憶に残るのだろうか。そうです。死ぬまでにセスクのプレーが観たいってのが夢だったので。(観たかったのはエミレーツアーセナルの試合だけど)。夢が叶っ・・・・・・・・・って、叶ってないがな!セスク試合に出ずベンチに張り付きっぱだったがな!マジでグアルディオラ、ハゲ散らかしてしまえばいい。と怨念をかけたら、バルサ監督退任してしまいました。実際、彼が交代カード3枚使い切った時点で投げ出して、ベンチばっか望遠で激写しておりました。試合観てないすわ。
EUROは思ったより燃えなかった。前回が燃え尽きすぎたのだろうか。セスクがバルサいったせいだきっと。
フェデラーのカムバックおめでとう。ウィンブルドン。涙腺決壊寸前。イギリス勢、マレーの決勝進出も熱かった。


そして、恥ずかしながらこの歳にして初めて飛行機に。何であんな鉄の塊があんな高度を浮くのか意味分かんない!と精神が分裂しそうな寸前でしたが、意外と大丈夫でした。北海道楽しかったです。あんなにおいしいものいっぱい。久々のアヤさんに会えたのも嬉しい。
懐かしい友人知人に会う機会も多く。音楽繋がりだったり、仕事繋がりだったり、学校繋がりだったり、スポーツ繋がりだったり。最近は、スカキッズ時代の友人と会合。
あと東京に来てからの一番の親友の結婚式。余裕をもって行ったにもかかわらず道に迷い、まさかの新郎新婦と入場タイミングが一緒。ガチガチだった友人が一気に「らしすぎる!」と大笑い。写真で思い出を振り返るコーナーでは思いの外一緒に写った写真の多さに過ごした時間の大切さに、目頭ぶわって泣きそうに。泣きませんでしたけどね。いつまでも幸せに。これからも楽しい時間を過ごそうね。

あとは、無人島行ったり、テントしたり、馬見に行ったり、野球したり、海覗いたり、山登ったり、実家行ったり、タイフェス・ネパールフェス行ったり、パン教室行ったり、陶芸習ったり。相変わらずなようで 新しかったり。


本は足りないと感じるくらいあまり読めず。買っても積み上げられるだけ。猛省。夏はSFですね。

漫画はあいかわらず、ジャイキリ、ましろのおと宇宙兄弟ビリーバットハンターハンター3月のライオン、とめはねっ。ぐらいかな買ってるの。マスターキートンは嬉しすぎるのだ!絶版したほうの、ともや君に借りっぱ。



つらつらと書き綴って、まとめると、変わらず断トツに映画が大好きです。
日記は諦めたけど、シネマ備忘録はしたためたいなあ。

少し前に武侠映画にはまって、こんな本を読んでました。



ウージンのアクションパねえ。

頑張った記録。


  

   
  


と、弁当。


     


母親からの遺伝か、メニューは色で決める。


    


パスタはレンジでゆでるので楽チン。


    


詰めるのは苦手。


    


シリコンのカップも苦手。


   


おしまい。

ということで、これから 日産スタジアム・・・・じゃなくて(面倒くさいな)、横浜国際ナンタラ競技場に行ってきます。


バルセロナの試合を観にゆくんです。


正直、バルサはどうでもいいんです。世界最強のチームだろうが、何だろうが、他チームのサポーターからしたら邪魔でしかない。強すぎて。極論ですけれど。

地球一好きな、セスク・ファブレガス(exガナーズ)。一生に一度でいいから生で観てみたいなー、エミレーツ行きたいなー、と常々・切々願っていたら、とうとうバルサに移籍(ふざけんなこんちくしょう、ふざけんのは いにえすたの顔と頭だけにしとけよ、きらいじゃないけどよ、だいたい、ぐあ・・・・・以下割愛)。元々好きでなくとも、我らがキャプテンが行ってしまえばさらに敵視のバルサ(羨望ともいう。ちっ)、深まるガナ愛。であるから、クラブのワールドカップなんててんで眼中に無く、「へーへーすごいねー」なんつってどこ吹く風で居たら、ある日突っ込まれる。「行かないの?セスク来日するのに?」「っ、ふぁブッ!!????!?!」。脳内が、アーセナル=セスクの図式だから、バルサ来日=セスク観れる、に繋がらなくて。そっからは焦ったのなんのって。 -- 何ですと?セスクが日本に来るですと?見えると? -- もう何が何でも死ぬ気で見に行くと。大枚はたいてでもいいと。



仕事? 半休に決まっとるでしょうがーっっ!!そんなもん!(かたじけない)



で、現在に至る。
道中、こんな長文書いてる時点で頭おかしいけど、煮えたぎる想いを吐露しないとたまらないとまらない。セスクLOVE! 朝から「おかしいよーおかしいよー(様子が)」言われ続けて、確かに、動悸に腹痛に震えにと、やんごとない興奮に緊張。「想像妊娠しちゃうんじゃないの?」と平気な顔で言い放つ、同僚が憎ましい。


もう、男女関係ないから!しちゃうから!目でやられるから!妊娠しちゃうんだから!


でも、何だかんだでバルサがみえちゃうのは凄いことだと思う。うん、凄すぎる。楽しみすぎるな!
うわー、あんなに恋い焦がれたセスクがもうすぐ目の前に!やばい、やばすぎるぞ。鼻血!夢みたものは!
これでセスクが出なかったら、グアルディオラは もっとはげ散らかしてしまえばいい。